心理カウンセラールームWhereabouts心理カウンセラールームWhereabouts
人間関係から繋がる症状

⇒HOME

本当はあなたにこんなことを言いたいんじゃない・・・
私の気持ちを分かって欲しい・・・
仲良くしたいのに何故冷たいの・・・?
友達になりたいのに信用できない・・・

私たちは日々、人と関わりながら生きています。
友達以外に会社でも学校でもご近所でも必ず誰かに関わっています。
そして全ての人間関係がうまくいくとは限りません。
それを割り切って生きられるならラクですが、
時々胸の奥でモヤモヤした気持ちが残ることがありませんか?
それをそのままにして溜めておくと、こんな症状が現れることがあります

うつの酷い人は布団から起き上がれないくらいになってしまうそうです。
普通に生活できていてもうつ状態の酷い人もいます。
うつになりやすい人は真面目な人が多く、白黒ハッキリしていないと気が済まないタイプで
また、自分を責める傾向があるようです。
遺伝性のもの以外では何らかの原因があり、それによってうつ状態に陥ってしまいます。
不眠・早朝覚醒・思考能力低下など、うつ状態により引き起こされる障害が色々あります。

特別何かがあるわけでもないのに憂鬱な気分が続く気分変調性障害は、鬱病と似ていますが、
これは心の問題です。
人間関係では、「人との接触が苦手、人に会うのが怖い」ためにそうなってしまうケースがあるようです。
また、他人を責める傾向があるようです。鬱病の人と違い、よく話します。

息切れやめまいや動悸などの症状が出て、
死んでしまうのではないかと不安や恐怖に襲われる発作がパニック障害です。
発作が出て死ぬことはないはずなのですが、混乱してさらに動揺してしまいます。
不安になることが発作に繋がる事に早く気づけると良いですね。
人間関係では「人の前に出るのが恥ずかしい、何か話さなくてはない」
という強迫観念のようなものに襲われ、パニックになってしまうようです。

トラウマは、小さい頃などに大勢の人の前で恥をかき、
それ以来人前が怖くなったというケースがあります。
みんなの前で発表しなくてはならないときなどに、小さい頃のことを思い出し、
みんなが自分を笑っている、などの感覚になってしまいます。

心気症が一番症状として分かりやすく、現れやすいものと思えます。
と、言いますのも、人間関係のバランスがとれずストレスが溜まり、特に会社や学校などで、
気の合わない人と毎日顔を合わせるだけでも辛いものです。
ガマンにガマンを重ねていくうちに、下痢・頭痛・めまいなどの病気が出てきます。

病院に行っても、「原因がよく分かりません」と言われることもありますし、急性胃腸炎などの診断を下される場合もあります。
医者が精神的なものだと気づいてくれると助かりますが、専門家ではないので気づいてもらえないことも
ありますね。

これは、人間関係に問題がある=心に原因があるもので、内科を受診しても一時的に回復しますが、
根本的な解決がなされていないためにまた何らかの症状が現れてしまうことに繋がります。
上記以外にも様々な形で症状が表れますが、原因が解決すれば体調も良くなります。

これにはカウンセリングが必要です。迷わずカウンセリングを受けてみてください。

大人の場合には心の問題により、睡眠障害も起きます。
夜、布団に入って悩み事をつい考えてしまう。
「眠りたいのに眠れない・・・」気が付くと朝になる。
こんな経験はありませんか?
その悩みの中には人間関係も含まれていることもあるかもしれないですね。

その他にも人間関係が原因で、色々な症状が出ることがありますが、小児の場合、適応障害と言って
ストレスに反応して社会生活などがきちんと送れなくなることも考えられます。
また不登校にも繋がりますし、お子様をお持ちの方は時々子供さんと話してみてくださいね。




カウンセリングルーム Whereabouts  〒174-0043東京都板橋区坂下1-3-9  TEL・FAX/03-6906-7265

⇒PAGETOP   ⇒HOME

心理カウンセラールーム Whereabouts